仙台銀行の金利

私たちの周りには、全国展開する都市銀行やゆうちょ銀行、地元地域を主に営業範囲にしている地方銀行や信用金庫、ネットサービスを充実させているネット銀行など様々な特徴を持つ金融機関があります。もしも、まとまったお金ができたときはどこに預けますか。いつも利用している金融機関に預ける人がほとんどだと思いますが、預ける前にチェックしておきたいのが「金利」です。数%違うだけでも利子として付く金額が変わってくるので、金融機関の金利状況を確認してから利用すると良いでしょう。

ゆうちょ銀行:株式会社ゆうちょ銀行
金融機関の金利状況:定期預金の金利の比較

とは言っても、近年は景気の影響でどこの金融機関でも大きな差はありません。しかし、仙台銀行では銀行オリジナルの定期預金を販売しており、それは通常の定期預金金利より預金金利が高く設定されています。例えば、仙台銀行の口座を給与受取り・もしくは年金受取り口座にしている人だけが利用できる定期預金や、投資信託を一定額以上購入している人だけが利用できる定期預金などは通常よりも高い金利が付きます。こういった商品を上手に使えば、賢くお金を貯めていくことができます。

金利といえば、もう1つ気になるのがローン商品ではないでしょうか。仙台銀行でも、フリーローンやカードローン、マイカーローンなど豊富なローンを扱っています。その中でも、金利の影響を一番受ける住宅ローンは、銀行側でも金利に対してかなり配慮をしています。ローンの金利は低ければ低いほど返済時の負担が軽くなります。

仙台銀行住宅ローンには、固定金利選択型と変動金利型があり、融資額や自分の返済プランに合わせて選ぶことができます。また、条件によっては基準金利よりも金利を下げてくれる「ずーっとマイナス金利プラン」というサービスを利用できることもあります。ローン返済は長期にわたるので、住宅ローンを利用する際には契約条件などをしっかり確認しておきましょう。仙台銀行には住宅ローンプラザがあるので、気になることは直接職員に相談ができますし、ホームページから返済シミュレーションで大まかな返済金額などを知ることができます。